FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HISTORICA!!!

お久しぶりです。
けーゆーです!

さぁ、今回の日記ですが…


京都ヒストリカ国際映画祭について、ご紹介させていただきたいと思います♪

らんどさんが、以前このように説明されていました!

そもそも京都ヒストリカ国際映画祭とはなんでしょうか?
京都ヒストリカ国際映画祭とは 

『ジャンル映画祭として世界でただひとつ「歴史」をテーマにした国際映画祭であり、コスプレ大会や声優ショー、英語チャンバラワークショップ、企画コンペなどを併せ持つ、既存の映画祭の枠を超えた全く新しいタイプの映画祭』 

です。


そうなんです。

新しいんです。

全く新しいタイプの映画祭なんです!


前回は、そのお祭りの一つ太秦戦国祭りのプレス会見の様子を見て頂きました!


今回は…そうです!

映画について紹介したいと思います!



世界中から最新のレキシゲキを集めて上映する
Historica Screenings


開催概要としては、
期間が、2011年11月19日(土)~11月27日(日)

開催場所が、京都文化博物館、東映株式会社京都撮影所、株式会社松竹撮影所になります!


入場料が、
大人:前売券800円 / 当日券1,000円 (1作品あたり)
子供:500円 (前売券・当日券共通価格、1作品あたり)
※前売券はローソンチケットで発売中!!

となっております!


作品のリストとしては、

バトルフィールド・ヒーローズ 平壌城
韓国 2011 日本初公開!
この映画は、時代劇専門監督とも呼ばれ、『王の男』で総観客1230万人を動員し韓国映画界の歴史を新しく塗り替えた巨匠、イ・ジュンイク監督の最新作!2003年の話題作『黄山ヶ原』の続編。



黄山ヶ原
韓国 2003
この映画は、先ほど紹介した巨匠イ・ジュンイク監督の最新作『バトルフィールド・ヒーローズ ― 平壌城』が生み出される土台となった話題作!! 是非、両作ともご覧下さい♪



ブレイズ・オブ・ブラッド-雲を抜けた月のように
韓国 2010 日本初公開!
この映画も韓国で製作されたもので、人気韓流ドラマ『天国の階段』や『チェオクの剣』などで主人公の少年時代を好演した元子役俳優、ペク・ソンヒョンが大人の演技で観客を魅了します!



ブッチャー・シェフ・アンド・ザ・ソーズマン-肉屋とシェフと剣客と
香港、中国、アメリカ 2010 日本初公開!
MTVで活躍したCM界出身の新鋭・ウー監督の初商業映画作品。カンフー映画の要素を取り入れた時代劇コメディで、新鮮な映像感覚が楽しめる。米国20世紀フォックスが配役から配給まで関わり、完成度は世界トップクラス!日本人俳優の安藤政信が初めての中国古装劇(時代劇)で主演を務めたことも話題に!!



ソロモン・ケーン
イギリス・チェコ・フランス 2009 日本初公開!
『コナン・ザ・グレート』の生みの親、ロバート・E・ハワード原作を、新ジェームズ・ボンドの候補と噂されていた若手英国人俳優ジェームズ・ピュアフォイで映画化!



AO-最後のネアンデルタール人
フランス 2010 日本初公開!
絶滅してしまったネアンデルタール人の血は、我々ホモ・サピエンスのなかに流れているのか。歴史学上の謎を、ロマンチックなストーリーで読み解く作品。



ブラックソーン-ブッチ・キャシディ 最後の決闘
フランス、スペイン、アメリカ、ボリビア 2011 日本初公開!
サム・シェパードが再び西部劇でスクリーンに戻ってくる!逃亡劇あり、銃撃戦あり、涙あり。世界各国の映画祭で絶賛された作品がついに日本上陸!



忍たま乱太郎
日本 2011
「世界のミイケ」こと三池崇史監督が、豪華キャストで送り出す、人気同名マンガ・アニメ原作の実写版。
と、簡単に?!紹介しましたが、
詳細はこちらをご覧ください!
上映作品(Historica Screening)
http://historica-kyoto.com/?page_id=6

他にも、2011年11月26日~11月27日、東映株式会社京都撮影所で
韓流時代劇のカリスマに訊く、大ヒット時代劇の法則!!』(仮)などをテーマにした、
シンポジウム&招待ゲストのイベントも予定されています!
こちらも詳しくはHPで近日中に公開されるそうなのでチェックしてみてください♪
このブログでもお伝えできれば、させていただきたいと思いまーす!!


それでは、けーゆーでした♪
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。