FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国小話「名前」後半戦


皆様こんにちは!
播磨の平野で戦国愛を叫んでおりますドグでございます。
さてさてやってきました戦国小話、前回に引き続きテーマは【名前】
前回は幼名、諱、通称、通字なんかをお話しましたが、今回は「姓」と「氏」です。

お前どっちも苗字じゃねぇか!!!とかやめて!石投げないで!
厳密に言えば、「名字」「姓」「氏」はちがいます。
『織田信長』や『伊達政宗』の中に「姓」も「氏」もはいっておりません。
『織田』も『伊達』もカテゴリは「名字」なんです。
名字は今の名字と同じものと考えていいのですが、皆が好き勝手に名乗れていたものです。
木下籐吉郎から羽柴や豊臣に名字を変えていった・・・っていう感じです。ちなみにこの羽柴秀吉と名乗ったときの「羽柴」という名字。
織田信長に仕えていた時代、同じく仕えていた家中で有力だった丹羽長秀の「羽」柴田勝家の「柴」をもらって「羽柴」としたそうです。
「どこどこのだれだれさん」というのをわかりやすくするために、地形や職業にちなんだ名前にしたっていうのもありますし、明治維新のときに名字が戸籍登録のために絶対必要になってお坊さんにあせってつけてもらった。
なんていうお話もあるくらいです。けど、名字自体はけっこう皆江戸時代あたりから好きに名乗ってはいたみたいです。


前置きが長くなりましたが、それでは「姓」についていってみましょう。
天皇から役職の名前です、以上。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と言ってしまえば前回言った通称とかぶるのですが、この役職名、歴史の重さがハンパないです。
さかのぼっちゃうと大和朝廷あたりの話になってしまうのですが、国を治めるときに朝廷が与えた各地の豪族の地位、役職の名前なんかがこれにあたります。
代表的なのは国造(くにのみやつこ)、県主(あがたのぬし)、公(きみ)、臣(おみ)、連(むらじ)、真人(まひと)、朝臣(あそん)、宿禰(すくね)、忌寸(いみき)などなど。
有力な人には大臣(おおおみ)、大連(おおむらじ)なんて姓が与えられたそうですが、時がたつにつれてほぼなくなってしまい、平安時代あたりにはもうほぼ朝臣しか残ってなかったとか何とか・・・
けれども明治維新のころに大久保利通が藤原朝臣利通と名乗ったり、伊藤博文が越智宿禰博文と名乗ったりしているので、一概になくなったとは言い切れないようです。

そして「氏(うじ)」
これは血縁集団をあらわすもので、自分は源氏の血をついでますよ~。と自己主張するときとかに使いますが普段は使いません。
この同じ氏を持っている人はさかのぼれば皆血縁関係、というわけで「源氏の血を継いでる中の足利さんという家。」といった感じで区別されてます。
ちなみに武田氏は源氏、上杉氏は平氏の血をついでます。その上杉家の上杉謙信は源義経とかが大好きで源氏を尊敬していたら言いという逸話が・・・・世の中自分の好きなようには行かないものですね。
ちなみにわが道を行く織田信長は、どうしても血縁的に天下統一する際の「大義名分」のために平氏である必要があって、こじ付けで平氏を名乗ったりもしていたそうです・・・実際は藤原氏だったそうですが。
これらの氏・・・特に源氏・平氏・藤原氏・橘氏の「源平藤橘」いわゆる四姓と呼ばれるものは天皇から下賜された非常に名誉あるものす。
天皇から賜った姓などは他にも多く存在しますし、長宗我部元親を始めとした長宗我部氏は渡来系の血筋だったりもします。




で、名字から氏姓からなにからこれらをぜーんぶひっくるめて名乗るとどうなるか。

徳川家康=徳川次郎三郎源朝臣家康
武田信玄=武田太郎源朝臣晴信




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長いよ、なんかの呪文みたいだよ。


非常にフルネームで呼びにくくて仕方ない名前になっています。こんなの普通に読んだら絶対舌噛む自信があります、というか点呼とかできない。
これらが明治維新のときの法律で一気に変わっちゃうわけですが、未だに各地に大名家の血筋はありますし、通字が残っていたりといろいろ面白いです。



そして番外編!洗礼名
戦国時代にはキリシタン大名がいたわけですが、ここではその人たちの名前と洗礼名をご紹介します。
ただし読み方は色々あったりするので、少し違うかもしれません。英語を日本語で無理に読んだわけですから、小西行長なんかは「アゴスチィノ」となる場合もあります。

高山右近:ドン・ジュスト  
小西行長:ウグスティノ
明石全登:ジョアン、ヨハネ、ジョパンニ・ジュスト
大友宗麟:ドン・フランシスコ
織田有楽斎:ジョアン
蒲生氏郷:レオ
黒田長政:ダミアン
黒田孝高:シメオン
支倉常長:ドン・フィリッポ・フランシスコ
伊東マンショ
細川ガラシャ

このほかにも、長宗我部元親もキリシタン大名だったようです。
キリシタン大名の中にも、キリスト教の禁止令が出てすぐにキリスト教をやめて名前を変えちゃった人もいれば、最後まで信仰に殉じて追放されたり自殺を選ばなかったりと様々な人がいます。
皆さんもこの機会に、自分の名前を見直してみてはどうでしょうか?


では、今回はこの辺で。
近々戦国紀行にも挑戦予定です、お楽しみに!






doguma.png
written by ドグ
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。